2017年10月9日月曜日

息を使いすぎないようにしましょう

こんばんは!

一気に秋らしくなってきましたね

季節の変わり目は体調を崩しやすいと言われます。
良い歌を歌うためにできるだけ首元を冷やさないようにしてください(^^)

特にこれからの季節は
あったかい飲み物をチョイスするようにしていくことをお勧めします。

今日は歌うときのポイントをまたお伝えします。

よくレッスンでも最初に精神統一の意味を兼ねて

軽く吐いた後、鼻からしっかり息を吸って
口から細〜〜く 長〜〜く 吐く!
をやります。

息の使い方、息の流れ方、体の脱力

実はこの最初の行為に全て入っています。

しっかり細〜〜く細〜〜く息を吐いていくのですが
このときの長さ!!

この吐ける息の長さが実際 声 になり
あなたの歌声(ロングトーン)になっていくわけです。

よく歌唱になると歌尻(うたじり)が全然息が続かない!!
ビブラートも出来ない。。。
という方が多いです。

でも大丈夫!しっかりと細く長く息を吐くことができていれば
その長さの声を出すことは可能です。(実際結構長〜〜く声って出せるってこと)
もちろんビブラートも!

ただ歌唱となった時に
脱力出来ず ついつい力んだりしてしまい、
歌い始めの方で肺にあった息を使いすぎてしまってるんです。

ポイントは  

歌唱時はそのフレーズ、フレーズで
無駄に息を使いすぎない!吐きすぎない!
ということです。


歌唱の時に、歌詞の途中でする息つぎ(ブレス)
のイメージのたとえ


コップ(肺)に満タンの水(空気)があって
溢れるくらいの水位(ブレスしてしっかり酸素が肺にたまった状態)
を常にキープしながら歌うイメージです。

たっぷりのコップの水を一気に飲み干さず
ちょっとずつちょっとずつ飲みながら
すぐにまたそのコップに水を足していく感じ。
決して一気飲みしてコップをからにしてはいけません。


そんな感じで息をうまくキープしながら歌ってください。

ちょっと練習として息を止めているような感覚で
歌ってみてください。そんなに息を吐き切らなくてもちゃんと歌えませんか?

息を吐き切らない!使いすぎない!
それを意識するだけでも歌い方は変わってきます。

歌で大事なのは歌い出しと同じくらいに!

歌い尻です。


しっかり綺麗に歌い尻を歌い切るには
たっぷりな息!空気が必要。

特にラスト前の節では
ラストの言葉のために たっぷりの息を取っておいてください。

結局、歌声は息!です。


息の量、流れを司るものが
歌の上手な人!と言っても過言ではないでしょう。

やってみてください。


Nice Voice 夢見



2017年9月25日月曜日

ボリュームを一定に

こんにちは!

今日はボーカルテクニックについて書きたいと思います。

歌うときに気をつけたいポイント!

それは

ボーカルの音量を一定に


を念頭に歌う事。


特にサビの部分です。

結構の割合で、高い音を出すときに 大体の方は
バッと呼気圧(息を多く量)を上げてしまう事があるのですが
それをすると 声帯に一気に空気が流れることにより
声帯、声帯周辺のバランスが崩れやすくなり
結果、喉の筋肉を固めやすくなってしまいます。
それゆえ 張り上げ発声になりがち。

そして 人が聞きづらい音 としてその声は聞こえてしまいます。。
さらに
張り上げ発声のため 音がフラッとしたり
マイク使用の場合は高音が痛いくらいに割れてしまったり、、、、
といいことは何1つありません。


心の中で

ボーカルの音量を一定に保とう!
とイメージをして特に高音の部分を出していただきたい。。

低いところも高いところも真ん中のところも
すべて 同じ音量の声の玉が ポン ポン ポン と
同じサイズで飛ばしてやるイメージです。

発声練習のスケール練習のときは
特に声のボリュームを全体的に意識して発声自主練をしてみてください。


高音で強く出す!!と思われがちですが
実はとても脱力が大事で
そして音量もそこまで出すぞ〜〜〜っと出さなくても全然OKなのです。

むしろあまり出さないように
出過ぎないように呼気圧を意識して
丁寧に出す訓練をすると、とっても聞きやすい歌になってきます。

歌に感情を入れることはすごく大事です。

でもまず!
その感情によって喉の筋肉を支配されないように気をつけましょう

歌詞の内容を辿りながらも
脳では 焦らず 感情的になりすぎず

まずはボリューム!!を一定にする心を
常に持ちながら 歌唱に挑んでみてください。

これをイメージしているだけで本当にバランスのとれた形になってきます。

ちょっと高音が割れちゃう!叫んじゃう!
って方は試してみてくださいね

それではまた!!

Nice Voice 夢見







2017年9月10日日曜日

師!公演決定!必見

こんにちは Nice Voice夢見です

私がたくさんのボイトレの中 たどり着いた真のボイトレ。

今や広まってしまっている間違いだらけの発声学を科学的を
解剖学や生理学を踏まえた科学的な発声理論かつ方法論
で唱えたフースラーメソッドと呼ばれる最高。


これを日本で広められている 師:武田梵声さん

が行う講演会が決定しました。

私自身、このボイトレの世界はまだまだ広く深すぎるところがあると
日々感じていて、
今回のこの梵声さんの講演会はさらに声に対する世界観を広めてくれるに違いないと
感じております。

今回梵声さんよりお声かけをいただき、
この講演会に一緒に参加させていただくこととなりました。
アシスタントとしての役目ですが、
できるだけこの深すぎる、複雑なボイトレ方法を
わかりやすく!馴染みやすく!できるよう努めさせていただきます。


情報はこちら!
本来ならありえないくらいの価格での講演なので是非お見逃しのないように!
ボイトレ研究者、そして声に問題を抱えてる人には必見の内容に間違いないです。



梵声さんの初のフースラーメソッド東京公演会!


2017年11月3日(祝日金曜)

場所・ビジョンセンター東京(東京駅八重洲口から徒歩2分)開催日時2017年11月3日14時30分~16時30分を予定
金額・3000円
<今回はフースラーメソードを多くの方に知って頂くイベントなのでリーズナブルな金額にさせて頂きました。一章は一般向けですので男性の方も参加可能です>
予約について
・完全予約制となり、9月7日20時より予約開始となります。
bonjyou88@yahoo.co.jp まで
フースラーメソード東京講演参加希望と添えて、御名前、携帯番号、メールアドレス、芸歴
(芸歴は無しでも可、初心者も可です)、年齢(年齢も無しでも可です。)を記載してお送り下さい。

★内容★

1章、ボイトレの聖典フースラーメソードの入門
(アンザッツ、レジストレーション、ガム、真ミックスボイス)

2章、女性専用アンザッツ~チョベリバアンザッツ入門~


★フースラーメソードとは何か?

人類は旧石器時代において最高水準のボーカルテクニック、ボイステクニックを持っていたと考えられています。フースラーメソードとは生理学、神経学、発声指導史、俚謡学、人類学、社会科学等の学際的な分析から旧石器時代人のボーカルテクニックを明らかにし、その喉の全潜在能力を解放させたオリジナルネイチャーを甦らせ自在な声を手に入れるためのメソードです。ここまでの射程を持ったボイストレーニングメソードは他にはなく、それゆえにボイストレーニングの聖典、声楽の聖典と言われてきました。

フースラーはこの自在な声を解放させるための重要な筋肉群を発見しました。それが喉頭懸垂機構であり、その喉頭懸垂機構を完璧に解放するためのメソードこそアンザッツと呼ばれる7タイプの声を発声してゆくメソードです。
これにより裏声と地声の融合による幅広い声域、自在なメリスマ、ビブラート、声量のコントロール、超ロングトーン、ノイズ~クリーントーンまでの様々な音色、自在な滑舌等の約20万年を超える地球歌唱芸能史のあらゆるボイステクニックを再生させてゆく事が出来るのです。



★チョベリバアンザッツとは何か?

チョベリバアンザッツとはフースラーメソード黒本を記した時からテーマにしていたことであり、ボイトレの原点と至高を考えたものであります。また同時に農民芸術概論や明日の神話のようなフースラーメソードの在りかたを探ってきました。またフースラーメソードもボイスカルチャーも本来は思想的には農民芸術概論のような発想をベースにしていたわけです。こうした全ての要素を現代に生きた形で実践している筆頭にギャルがおります。特に彼女達の言語運動神経は特筆すべきものがあるわけです。このギャル語の言語運動神経というのは芸能学的に見たときに優れたものであり、ギャル語の最高傑作とも謂うべきチョベリバを冠させて頂きました。
チョベリバアンザッツが如何なるものかをお知りになりたければ是非とも会場にお越し下さい。
世界最高のボイトレ聖典フースラーメソードの新たな進化形にして原点回帰がチョベリバアンザッツなのです!!!

~究極の倍音楽器である元始太陽のの音響世界を今こそ解き放ち、インイロテンポーレの50オクターブ音響と戯れるのだ!!!~





2017年9月8日金曜日

ビブラートは誰にでもできる

みなさん こんにちは Nice Voice 夢見です。

歌がうまい!と思わせる歌唱技法の中の最も重要な内の1つ

ビブラート


このビブラートってもの
ついつい特別なものに感じてしまっていませんか?

実はこのビブラートは訓練さえすれば
誰にでも手に入るものなのです。

歌が輝きだす、まさに魔法のような歌唱技法。


この歌唱技法を歌の中に取り入れるだけで
ぐっと歌のレベルが上がります。


自然にできるもの、生まれるきの才能
と思っている方が少なくありません。


実は私、ちゃんとしたビブラートが最初はできませんでした。
とっても羨ましい歌唱技法 ビブラート。。
でもこれは生まれ付きの才能なんだよね〜なんて思っている時期がありました。

しかし!ビブラートを作るための特訓!!というものを知ってから
なぬ?!と騙された気持ちになりながらも最高の好奇心で(笑)
ビブラート取得に取り組んでみたのでした。

すると、本当に特訓すれば自分の声にビブラートを感じることができるようになり
さらに、それが楽しくなり練習するうち
歌の中にもこの技法をどんどん使えるようになりました。

ビブラートは人工的に作れるんです。

人工的にまずは作ってみて
ビブラートが鳴る時の仕組みを
体、声帯、喉の筋肉にインストール!

そうすることによって自然にビブラートを使いこなせるように
ちゃんとなるのです。


まずは初期段階の
人工的に作る ビブラート の作り方ですが
実は幾つかあります。


以前にも紹介した方法

①みぞおちを押して空気の玉を喉の奥で感じてビブラートを取得する方法


今日はまた1つ違った方法をご紹介します。

では早速TRY!

まずは
ちょっとため息交じり(裏声風)で投げやりに

「あぁ〜あ」

と言葉をこぼしてみてください。

その「あぁ〜あ」

をゆっくりでいいので連続で言ってみます

「あぁ〜あ」「あぁ〜あ」「あぁ〜あ」

そして次はその言葉を連結させます

「あぁ〜あぁ〜あぁ〜あぁ〜あぁ〜あぁ〜

それを徐々に早くしていきます。

言葉に山、谷 があるようなイメージ
または声がジェットコースターに乗ってるみたいに
上がったり下がったりするようなイメージ






。。。。。。。。。。







どうですか?ちょっとビブラートっぽい感覚

体に芽生えましたか?

それを掴めたらあなたももうビブラートを取得したも同然。


こんなことで?

と思うかもしれませんがまさに
この通りで、ビブラートは自分自身で作っていくことができます。


慣れてくれば 歌のなかで好きな箇所にこのビブラートを
使うことが可能になってきます。


ビブラートは使いすぎるとちょっと聞き手にクドく感じられてしまうデメリットも
持ち合わせています。

ビブラートを取得して嬉しくてたくさん歌のなかに入れてしまう、、、、
そんなことがないようにちょっと注意してくださいね(笑)


やはり十人十色!
感覚がつかみやすい人、
つかみにくい人がいらっしゃいます。


つかみにくい方には実際のレッスンでより具体的に説明したいと思います。

ビブラートを取得するレッスンはこちら


すべてのことを諦めるその前に!!
一度だめもとでもTRYしてみることはとても大事です。

最近すごく思うこと。

やって失敗する恐怖より
やらずに通り越してしまった後悔の方がとっても
大きいもの



ボイトレにしても思います。
もっと早く気付いておけばよかったなって思うこともあります。

でもタイムマシーンは残念ながらこの時代ではまだありません。

今日!今この瞬間が人生で1番若いんです。

なんでも若いうちからやっている方が良い!と言いますが

その若いうちって??

そう今、今日の自分ってことになるんです。

独学でもいいし!一歩外に出てみるのもいい!!

とにかく半歩でいいから今よりも未来へ進む取り組み

チャレンジしていきましょう!

一緒に Going my way!!


Nice Voice 夢見



2017年8月18日金曜日

初心者向けアコギレッスン☆

今日は夢見先生活動
Nice Voice Salon
初心者向け☆ギターレッスン 開催しました。

自分自身アコギ弾き語りとして

ギターで躓いてきたからわかる

というアコギ初心者の壁。

結構1人でやってると

なかなかうまく進まず
ここでやめてしまったり、あきらめてしまったり
って時が多々ありました。


だからこそ

そこも踏まえて 気持ちがとってもわかるので
できるだけ 初期の時点で

ギターを嫌いにならずに!!

夢を持って!!

続けていける そんなマインドになってもらいながら
アコギレッスンを進めていきたいと強く思っています。

今日はそんな最初の躓きがある生徒さんでした。

弾きたい曲が難しかった場合。
無理に最初からそれと決め付けず!!

いっそのこと課題曲を変えちゃおう!ってのもありです。

即座に!簡単弾きとしてオススメの長渕剛さんの RUNに変更。
抑えやすいコードの流れというものがあって
それだけでみるみる弾きやすくなってしまうものなんです。

今日は変更して正解だったな。。

どんどん指が慣れてきたら
また弾きたいあの曲に挑戦していきましょう!!

一緒に弾き語れる日が来たら最高です。

マンツーマンレッスン!あっという間でした。

私もまた1つ1つ勉強しながらステップアップ。

☆これから楽器を始めたいかたへマンツーマンレッスン提供中!
 初心者ほど最初にコツさえつかめば上達が早い!
↓↓↓↓↓↓↓↓
渋谷スタジオにてギターレッスン♪単発でもOK!

音楽仲間になろう♪

2017年8月17日木曜日

鼻腔共鳴をつかめ!!

POPSを歌う時にはとっても役にたつもの。

それは
鼻腔共鳴です。



鼻腔共鳴がうまくできるようになると
・楽に高音へ移行できる
・倍音が作られるので声量がUPする
・特に高音の音程が安定しやすくなる
・マイク通りの良い声になる

...etc


など良いことづくしなんです。


実は目には見えませんが
鼻の後ろ側には大きなホールになっている鼻腔というエリアがあります。

頭蓋骨の中に1つ大きなホール会場をみんな実は持っているのです。

狭い部屋で
【あ〜〜】

というのと

天井の高いホールで
【あ〜〜】

というのとどちらが声が大きく響きますか?

断然天井の高いホールですよね


自分自身の体の中にもいろんな部屋があり、
声をどの部分で出すか、響かせるかによって
同じように声を出した場合でも
響きが全然変わってきます。


ボイトレではそんな自分の中にあるいくつもの部屋を見るけていく
お部屋探しをしている感じになります。


その中でも早く見つけ出して欲しいお部屋!
それが鼻腔共鳴のエリアです。

駅近で、おしゃれで、広いリビングがあってさらに南向きの間取り。。。。


そんなTHE Nice 物件!!!って感じです(笑)



見つけ方!以前ブログにも書いていますが

ハミングをすると見つけやすくなります。

<ハミングのやり方>
口を閉じて鼻歌を歌う感じで【んー んー んー んー】
と声を鳴らしてみてください。

できるだけブライトな感じにしたいので高めの音で
鼻が口!ってイメージして鼻のあたりから声を出すような感じで
出していきます。


その時に感じて欲しいこと。


発声時に【んー んー んー んー】と別に
蚊が飛んでいるようなブーン という音がかすかにでも聞こえるか??

ということ。

鼻腔共鳴がいい感じにできている時
そういった音を感じ取ることができます。

いいお部屋に響いている証拠です。


ちょっと意識して試してみてください。

それができてきたらその響きを
歌唱に生かしていく方法があります。

それはまたお伝えしますね!


それでは今日はこの辺で(^^)

⭐︎Nice Voice  ボイストレーニング初回限定無料体験実施中⭐︎


2017年8月12日土曜日

歌に個性を出すテクニック:吐き捨てるように歌う

歌唱テクニックについてお話しします。

いろんな歌唱テクニック、すなわちボーカルテクニックというものが
実はあり、そんなテクニックの引き出しをたくさん持っている人が
一般的にも、プロの歌手の世界でも【歌がうまい】という印象を持たれることが
多いと思います。

歌唱テクニックはその歌い手の色でもあり、個性でもあり、
長所でもあり、短所でもあったりします。


POPSを目指している人は
この自分にとっての歌唱テクニックを見つける必要がとてもあると思います。

自分の個性って何??

これは基礎の発声が整ってきたら多くの人がぶち当たる壁。

皆さんもご存知の歌手!サザンオールスターズの桑田さんは
あえて大声を出したり、お酒で喉を荒らしてあのダミ声風な独特な歌声を作ったと
言われています。

他にもいろんなアーティストの声作りについてお話しを聞くことがありますが
皆さん何ともユニーク(笑)

POPSの世界では何と言っても【個性】が必要となってきます。

もちろん声自体の個性!は一目瞭然で
とても強い印象を与えます。

しかしなかなか声自体をガラッと変えるって難しいですよね?

では!どうしたら個性を出していけるか!
歌い方に焦点を当てていきましょう

個性を出すための歌い方のテクニックをシェアしていきたいと思います。

今日は 徳永英明さん から学びます。






徳永さんといえば、透き通った声、高音が伸びやか
癒しの声 そんなイメージが浮かびます。


そんな徳永さんが以前におっしゃっていたポイント!!がとっても印象的でした。

それは

【吐き捨てるように歌う】

的なことでした。

ん???


どーゆーこと?!!と思って実際徳永さんの歌い方をじっくり見て
さらに自分的に真似をしながら(似てるか似てないかは無視w)
この 【吐き捨てるように歌う】 を頭においてやってみたらば
なんとも!徳永さんらしいあの切ない感じの歌唱、
柔らかい優しい歌い方ができました。


どんな感じでやってみればいいかというと!!

【吐き捨てるように歌う】

・まずは脱力

・歌の語尾を伸ばさず、語尾の言葉、音が口からポロっと落ちるイメージ

・ため息をつくように吐く(歌う)

この3点です。

この歌い方はピアノバラードなど
しっとりした歌の曲にはとっても使える歌唱テクニックです。


歌が上手い!!と言われている人

あんまり上手くない、、、と言われちゃう人

の差はここからヒントが得られます。

歌が上手い!!と言われている人は以外と適当にこの【吐き捨てるように歌う】
で脱力して歌っているんです。


そして あんまり上手くない、、、と言われちゃう人 は

結構力を入れて語尾をしっかり歌ってしまっていたり
語尾を伸ばそうと力が入っていたりします。

これがまた残念なことに歌に余裕がないような印象を与えてしまいます。


1つここでお伝えしておきたいことは

歌唱には これが正解でこれが間違い!!!ということは全く持ってありません。

全てがFREEなんです。


でもなんか自分の歌唱に ? がある方は
一度自分の凝り固まった歌い方(本人は気づいていない場合が多い)を外して
このようなテクニックもお試しになってみてください!


きっといろんな発見があるとおもます。


このブログを読んでくださっている方には
絶対的に伸びしろがある!!

私はそう感じています。


声って宇宙です。

声って宝物です。


そんな声について、一緒に学び
一緒に上を目指していけるような時間をレッスンでは設けています。

一人で歌唱について行き詰まっているのであれば
是非 レッスンで効率的にレベルアップしていきましょう!

最初の第一歩!!待っていますね

体験レッスンも開催中*
Nice Voice Salon 詳細はこちら